アニメーション映画『サマーウォーズ』『未来のミライ』の細田守監督による最新作『竜とそばかすの姫』。その声優として俳優・成田凌の出演が決定、成田が喜びのコメントを寄せた。

同作は、全世界で50億人以上が集う超巨大インターネット仮想世界が舞台。幼い頃に母を亡くし、心に大きな傷を抱える女子高生・すずが歌姫「ベル」として仮想空間に参加し、またたく間に世界を魅了するが、竜と名乗る謎の存在が現れたことをきっかけに、波乱が巻き起こっていく。

細田作品への成田の出演は今回が初めて。「細田監督の作品をずっと観ていたので、初めてご一緒できてとてもうれしかったですし、貴重な時間だと思いながら、毎日を過ごしていました」と成田。

自身が演じるすずの幼なじみで、ちょっとミステリアスな少年・しのぶくんについては、「すずが抱える悩みも唯一知っている男の子です。寄り添い、近くにいてあげられるのは自分だと思っているのですが、すずからしたらちょっと遠い存在にいるような人で・・・。なかなか難しい関係性ではありながらも、そのちぐはぐさが演じていておもしろかったです」と語った。

そのほか、女優でモデルの玉城ティナ、俳優・染谷将太、歌手・幾田りらも出演。同作は2021年7月に公開される。