宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士を目指す姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)がいよいよスタート。「天気予報って未来がわかる?」と題する第1週(5月17日〜21日放送)では、清原果耶演じるヒロイン・永浦百音の家族が登場する。

2014年春、宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った永浦百音(清原果耶)は高校卒業を機に、内陸の登米市の大山主・新田サヤカ(夏木マリ)の家に下宿して、森林組合の見習い職員として働き始める。

サヤカは百音の祖父・龍己(藤竜也)と旧知の仲で、百音は彼女のもとで山や木について学んでいた。父・耕治(内野聖陽)は、家を離れた娘を心配して頻繁に電話をよこすが、百音は忙しくしていて、なかなか連絡が取れず・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが天気予報士を目指し、ふるさとに貢献する道を探す物語。脚本を務めるのは、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(2012年)、『コード・ブルー 3rdシーズン』(2017年・ともにフジテレビ系)などの安達奈緒子。