海外でも絶大な人気を誇る作家・村上春樹の短編を映画化した『ドライブ・マイ・カー』。8月20日の公開に先駆け、主演を務める俳優・西島秀俊らの新たな場面写真が6月10日に公開された。

村上の短編小説集『女のいない男たち』所収の原作は、妻を亡くし、喪失感を抱えた舞台俳優&演出家の家福(西島秀俊)が、愛車で広島に向かうなかで寡黙なドライバーと出会い、「あること」に気づかされていく物語。

今回新たに公開された19点の場面写真は、家福(西島)が付け髭で戯曲を演じる様子や真剣な眼差しで考え事をする姿のものもあり、役者と演出家の顔を持つ彼の多面性を垣間見ることができる。また、あるとき出会った女性・みさき(三浦透子)、妻の音(霧島れいか)と、家福の愛車である真っ赤な「サーブ」と絡んだ写真も多数登場した。

さらに、岡田将生演じる俳優・高槻と家福の2ショットも公開。音のことを知っており、重要なキーパーソンとなる高槻が家福と並び、暗い店内で意味深な笑みを浮かべる1枚からは、不穏な空気が漂い、ストーリーへの期待が一層高まる。映画『ドライブ・マイ・カー』は8月20日より公開。

文/塩屋薫