沖縄に生まれ育ったヒロインと3人の兄妹たちを描く、2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。ヒロインの比嘉暢子(黒島結菜)が出会う登場人物のひとりを演じる俳優・渡辺大知が、ドラマに対する意気込みや役柄について語った。

渡辺が演じる喜納金吾は、暢子たちの村にある製糖工場の息子で裕福な家の跡取り。暢子の姉である良子(川口春奈)に片思いをしており、熱いプロポーズを繰り返すという役どころだ。

今回、明るくやさしいムードメーカーを演じる渡辺。「まっすぐすぎて『バカだなぁ』と思っちゃうくらいなんですが、なんだか憎めないやつ。自分がもし先輩だったら可愛がりたくなるようなキャラクターにできたらなと思います」と、自身の役柄への愛着を見せた。

『カーネーション』、『まれ』に続き、朝ドラの出演は3回目。渡辺は「キャスト・スタッフの方は1年近く、毎日のように同じ作品に向き合っているので、いつもチームワークがすごいなと思っています」と、朝ドラに対する特別な想いを明かす。

『カーネーション』では今回と同じく「お坊ちゃん」である勇役を演じたこともあり、キャスト発表後、SNSでは「勇ちゃん!」と喜びの声が上がり、今作へも期待が寄せられている。

本作は、沖縄の「やんばる」地方で生まれ育った比嘉暢子(黒島結菜)がヒロイン。サトウキビ農家の次女である暢子が、ふるさとの沖縄料理を東京で広めるため4人兄妹と支え合いながら料理人を目指し奮闘する物語だ。放送は2022年春頃を予定している。