芸能事務所「LDH JAPAN」による新プロジェクト『BATTLE OF TOKYO』の展覧会が、6月11日から「心斎橋パルコ」(大阪市中央区)でスタート。Jr.EXILEが実際に着用した衣装展示などが楽しめる。

「LDH JAPAN」が約2年にわたって準備を重ね、今年4月に始動したリアルとバーチャルを横断&融合する同プロジェクト。EXILEの弟分グループで「Jr.EXILE」と呼ばれるGENERATIONS、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZが中心となり、現実世界と架空の未来都市「超東京」を舞台にバトルを繰り広げる。

今回の展覧会では、メンバー38人が実際に着用した衣装や、バトル楽曲MVのメイキング映像の展示のほか、ARでキャラクターと一緒に写真が撮れる体験展示など、ここでしか見ることができない内容となっており、また映像展示以外がすべて撮影可能なため、初日に訪れたファンは写真撮影に勤しんでいた。

また、同プロジェクトの架空の未来都市「超東京」ではメンバー全員がアバター(キャラクター)となっており、そのキャラクター設定資料も公開。会場では熱心に読み込み、理解を深めるファンの姿も見られた。

ほか、展覧会を記念したグッズの販売や、飲食店舗限定のノベルティキャンペーンなども実施されている。14階のイベントホールにて、期間は6月21日まで(土日は完全予約制、公演スケジュールにより衣装展示の内容が異なる期間あり)。入場料は1000円(小学生以下無料)。その後、名古屋、東京にも巡回する予定。