ゲーム実況動画を配信し、チャンネル登録者数が100万人を超えた芸人・狩野英孝のYouTubeチャンネル「EIKO! GO!!」。6月22日の配信では、対戦ゲーム『APEX』でレアアイテムをゲットし、その感想が話題となった。

オンライン上で3人チームを編成し、生き残りをかけて戦うバトルロイヤル・シューティングゲーム『APEX』。狩野はこれまでにも幾度も同ゲームの配信をおこなっており、ほかの配信者とコラボを実施するなど、チャンネルの看板ゲームのひとつとなっている。

今回の配信では、ゲーム内の着せ替えアイテムがランダムで手に入るいわゆる「ガチャ」に挑戦。しかし、狩野自身がこの機能に今まで気づいておらず、溜まっていた33回分も回すことに。「これ33回もするの・・・?」と困惑しつつも、なんと4回目でレアアイテムが当たるという神引きを見せた。

視聴者の指示のもと、早速ゲットしたアイテムを装備する狩野だったが、身につけて早々に「実家の便座カバーっぽくない・・・?」と吐露。その後も「実家の便座カバーっぽいな・・・」と連呼し、「便座カバーっていうのやめて!」「めっちゃわらった」と、コメント欄がツッコミで溢れる展開をみせた。

また、この日の配信で狩野は、「来月の頭に、10キル(10人倒す)まで寝れません! とかしたい」と同ゲームでの企画を発表。これに対しコメントでは、「(倒せないから)寝れないじゃん」とツッコミが入っていた。数々のゲームをこなしてきた狩野だが、次回企画で目標達成となるか注目を集めそうだ。