今田耕司がMCを務めるバラエティ番組『今ちゃんの「実は・・・」』(ABCテレビ)。6月30日の放送回では、大阪出身の若手芸人が愛する、安くてうまい、ボリューム満点の「コスパ最強グルメ」を紹介する。

お財布にやさしい絶品グルメを知り尽くす若手芸人が、1000円以下で大満足のコスパ最強グルメを紹介する好評企画。過去には、お笑い芸人・アキナの山名イチオシの「爆盛り丼」や、インディアンス・きむがおすすめした「チキン南蛮定食」など、グルマンもうなる大阪の知られざる「最強飯」が紹介されてきた。

今回のプレゼンターは、『M-1グランプリ』をきっかけにテレビに引っ張りだこのお笑い芸人・おいでやす小田。雄叫びをあげながら登場した小田のイチオシグルメは、大阪時代に通った創業72年の老舗居酒屋にあるという。

昭和の風情漂う渋い店構えと、昔ながらの味と安さを受け継ぐメニューにファンが多い人気店で、小田は「1本でご飯1杯イケるタレ」がうまさが決め手という「くわ焼き2種」と、フワフワ食感がたまらない「秘伝の名物料理」をチョイス。3品合わせて1000円と激安ながら、リポーター・サバンナ高橋を「めちゃうまい!」と仰天させる。

さらに、食レポのときに重宝する決めセリフがないと悩む小田に、芸歴27年目のギャガー・サバンナ八木が渾身の「食レポギャグ」を伝授する。小田の十八番「大声ツッコミ」がまったく活かされない八木提案の不思議ギャグに、小田の日本一勢いのあるツッコミが冴えまくる。

そのほか、東京で活躍中の男女コンビ・蛙亭が、珍しい新食材を使ったお寿司と秘伝ダレでいただく激ウマ餃子を紹介する。この模様は6月30日・夜11時17分から放送される。