「セレッソ大阪」(本社:大阪市東住吉区)が、「吉本興業」(本社:大阪市中央区)と「エンタメパートナーシップ契約」を締結すると7月2日、大阪市内で発表した。それにともない、吉本芸人による「セレッソ応援隊」が結成され、名誉監督にトミーズ雅が就任した。

大阪府を拠点とする2社が2025年大阪・関西万博、2030年SDGsのゴールに向け協業。同応援隊結成のほか、ファン感謝祭で連携するなど、スポーツや笑いの組み合わせによるさまざまな取り組みを予定しているという。

雅は、「私はセレッソのファンになって長い。12年、本当です。家にたくさん選手を呼んだこともあります。(元セレッソ大阪の)香川選手も来ました。なんとか阪神タイガースと2大巨頭でセレッソもグッと盛り上がるように私の力をなんとか届けたい」と意気込みを語った。