宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第52回(7月27日放送)では、百音の下宿先である事実が明らかになる。

早朝に出勤の準備をしていたヒロイン・百音(清原果耶)は、下宿先の「汐見湯」で自分たち以外の誰かの気配を感じる。不審に思いつつも出勤した百音は、担当する朝の情報番組である役割を与えられる。

そしてその週末、同じく「汐見湯」に下宿している幼なじみの明日美(恒松祐里)も、深夜に何者かの気配を感じたといい、百音とふたりで大騒ぎに。ふたりは大家の菜津(マイコ)に助けを求めるが・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。