宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第60回(8月6日放送)では、百音が自身の目標について思い悩む。

「100%自分のため」と言い切って練習に励む車いすマラソン選手・鮫島(菅原小春)の姿に心動かされるヒロイン・百音(清原果耶)。一方で、「人の役に立ちたい」という自身の目標について、さらに思い悩むのであった。

そして鮫島のサポートには医師の力も必要だということになり、百音は思い切って医師の菅波(坂口健太郎)に頼んでみることに。そして百音は以前菅波に言われたあることについて、その真意を聞くが・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。