ジャンケンの合図として定番の「最初はグー!」。意外と知られていないが、実は2020年に他界した志村けんさんが考案し、テレビで披露したことで全国に広がったのだった。

1981年、志村さんが31歳の年。飲み代の支払いをジャンケンで決めようとしたところ、飲み仲間全員が酔っ払っており、タイミングがなかなか合わなかったのだという。

そこで志村さんが、「最初はグーで合わせよう」と発案。周囲の反応も良く、当時放送されていた『8時だョ!全員集合』で披露すると、子どもたちの間で爆発的に広がって今に至っているのだ。

こんな数々のギャグやブームを生み出してきたお笑い界のレジェンド・志村さんの軌跡を追う『志村けんの大爆笑展』が、8月6日から大阪の「なんばスカイオ コンベンションホール」(大阪市中央区)で開催。

志村さんの人生を辿る年表の展示をはじめ、バカ殿様などの衣裳やカツラ、小道具が展示され、懐かしの名シーンを振りかえる。

大阪会場は9月5日まで(朝10時〜夕方6時)、チケットは一般1000円、小中高生700円。10月からは東京、宮城、石川を巡回予定。