宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第63回(8月11日放送)では、順調だった鮫島がスランプに陥る。

強化選手選考会を前に、思うようにタイムが伸びなくなってしまった鮫島(菅原小春)。鮫島が思わずこぼした弱音に、ヒロイン・百音(清原果耶)はこれまでの鮫島のレースを今一度検証し直していく。

そして百音は、ある条件下だと鮫島はより強さを発揮することを発見する。選考会3日前、百音たちは鮫島の性格と条件を活かした新たなプランを立て始める・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。