宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第78回(9月1日放送)では、百音と幼なじみの6人がそれぞれの思いを打ち明けあう。

久しぶりに集まった幼なじみ同士でゆっくり語らうヒロイン・百音(清原果耶)、亮(永瀬廉)、未知(蒔田彩珠)、明日美(恒松祐里)、悠人(高田彪我)、三生(前田航基)の6人。次第に6人は震災の日からそれぞれが抱えてきた思いを、ぶつけ合いながら打ち明けていく。

同じ頃、菅波(坂口健太郎)は資料を届けに百音の職場「ウェザーエキスパーツ」を訪れていた。そこで百音の上司・野坂(森田望智)や莉子(今田美桜)たちから百音との関係を問われ・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。