宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第83回(9月8日放送)では、百音たちが制作する番組にある提案が持ちかけられる。

ヒロイン・百音(清原果耶)は、自信を失っている同僚の莉子(今田美桜)のことや、仕事が忙しい恋人の菅波(坂口健太郎)になかなか会えないことに、モヤモヤした日々を過ごしていた。

そんなある日、百音が中継キャスターを務める番組『あさキラッ』の視聴率低迷を打破するため、前キャスターの朝岡(西島秀俊)が気象班デスクの高村(高岡早紀)にある提案を持ちかける。その提案で、朝岡の後任キャスターである莉子はますます追い詰められることになり・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。放送は2021年10月29日までの予定。