宮城県気仙沼市で生まれたヒロイン・永浦百音が、気象予報士として成長していく連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。9月16日に放送された第89回では、百音の祖父・龍己の妻を想う気持ちに「素敵」「惚れる」などの声が相次いだ。

亡くなった祖母・雅代(竹下景子)が切り盛りしていた民宿を再開したいと考えている百音(清原果耶)の母・亜哉子(鈴木京香)。父・耕治(内野聖陽)からは、現在の永浦家に民宿を手伝う余裕がないことや、龍己(藤竜也)の牡蠣養殖をサポートしてほしいという理由から反対を受ける。

第89回では、龍己が亜哉子の民宿再開に賛成する場面が放送された。「耕治は心配しすぎ」「俺はもう大丈夫だ」と亜哉子を後押しする姿に、SNSでは「やさしいお舅さんだ」「亜哉子さんも新しい道に進むのかな」などの声が上がり、その後「俺のハニーも喜ぶよ。なあ雅代」と妻の写真に語りかけるシーンも話題に。

「雅代さんへの愛が・・・」「ハニー呼びにキュンってきた!」「菅波先生やマモちゃんだけじゃなく、おかえりモネはいい男ばっかり」といった投稿が次々寄せられ、ツイッターのトレンドに「俺のハニー」が浮上するなど注目を集めた。『おかえりモネ』放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。