宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。「島へ」と題する第19週(9月20日〜24日放送)では、気仙沼の百音の実家近くで竜巻が発生する。

大型台風が去った直後、今度は宮城・気仙沼で竜巻が発生した第91回(9月20日放送)。故郷への突風による被害を心配したヒロイン・百音(清原果耶)が電話をかけると、母・亜哉子(鈴木京香)が家族の無事を伝える。

その日の夕方、誕生日を迎える百音に会うために恋人の菅波(坂口健太郎)が登米から東京へやってくる。再会した2人が話していると、同居人の明日美(恒松祐里)から百音へ電話が。明日美からある知らせを受けた百音は・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。放送は2021年10月29日までの予定。