『冷たい熱帯魚』(2010年)、『新宿スワン』(2015年)などで知られる園子温監督のハリウッドデビュー作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』が、10月8日より日本でも劇場公開される。同作は、銀行強盗で投獄された主人公「ヒーロー」が、自由を手に入れるために、行方不明中のひとりの女性を探し回る物語だ。今回は同作の話を中心に、今後の展開についても訊いた。

取材・文/田辺ユウキ

「僕にとっては文句のない話だと思った」

──主演のニコラス・ケイジはもともと園監督のファンだったそうですね。

なぜ僕の映画に出ようと思ったのか、と尋ねたとき、「『紀子の食卓』(2005年)と『アンチポルノ』(2016年/ともに園監督の過去作)が大好きなんだ」と言っていて、「とんでもなく変わった人だな」と(笑)。

──どういった経緯でニコラス・ケイジの主演が決まったんですか。

まずこの映画の企画の発端は、2017年くらいにメールで「この企画をやってみないか」と台本が届いたことなんです。それから約1年後「ニコラス・ケイジがこの映画に出たいって言っているけど、どう?」って、僕にとっては文句のない話だと思いました。ただ予算の関係もあるでしょうし、ハリウッドのビッグスターはギャラもものすごいから「お任せします」とだけ伝えていました。

そういうやりとりをしていたらニコラス・ケイジが用事で東京へやって来たので、お会いしたんです。で、「僕は君のファンなんだ」と言ってくれて。その夜は安い居酒屋の飲み放題2時間コースで盛り上がって、カラオケにも行きました。それから友だち感覚での付き合いが始まりました。

──『リービング・ラスベガス』(1995年)でアカデミー賞主演男優賞を受賞するなど、ハリウッドの大スターで知られるニコラス・ケイジですが、近年はハリウッド超大作とは距離を置いている感がありますよね。

まあ、そもそもニコラス・ケイジ自身がハリウッドの歴史を横断してきた人物ですし、いまさら『ザ・ロック』(1996年)のような作品に出る感じでもない(笑)。ギャラは気にしないから自分が好きなものに出ようとなったらしいんです。

※編集部注/『ザ・ロック』:ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジが主演したアメリカの大規模なアクション映画

──そういう姿勢は、園監督もシンパシーを抱くんじゃないですか。

いやいや、僕は彼のようなそんなきらびやかな半生はないですから(笑)。彼はフランシス・フォード・コッポラ家に生まれて、ハリウッドの貴族のようなもの。ニコラス・コッポラという名前だとそういう風に見られるから「ケイジ」に変えたそうです。

それに現在の付き合い方としては幼馴染のような感覚です。だけど撮影中、カメラのモニターに彼の顔がアップで映ったとき「・・・これ、ニコラス・ケイジじゃん!」と、ふと我に返るというか。そういうときは、ハリウッド映画を撮っているんだって意識に戻りますね。

※編集部注/フランシス・フォード・コッポラ:アメリカの映画監督 娘と息子も映画監督で、ニコラス・ケイジは彼の甥

──たとえば年末、映画のベストテンなどを選ぶ際もこの映画は「海外映画」「外国映画」に振り分けられるんですよね。

そうです、アメリカ映画です。もともとメキシコで撮影する予定だったけど、僕が心筋梗塞で倒れちゃって。ニコラス・ケイジが体調を心配して、「メキシコで撮る必要ないよ、日本でやろう」と言ってくれたんです。

メキシコで撮りたかったからちょっと残念だったけど、ニコラス・ケイジを主演に日本でハリウッド映画を撮るのは海外から見たらむしろフレッシュじゃないかと考えました。日米合作みたいに思われてしまうけど、まったくそうじゃない。レオナルド・ディカプリオの『ブラッド・ダイヤモンド』(2006年)ってアフリカが舞台だけど、アフリカ映画ではないじゃないですか。今回の映画もそういう感覚なんですよね。

「ハリウッドデビューに対して舞い上がっていない」

──『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』というタイトルにもあるように、今作は自由や解放を求める囚われた身の人たちの話。園監督は自主映画時代からそういったテーマで撮っていらっしゃいますし、書籍『獣でなぜ悪い』(2018年)も自由について書いています。

確かにそうなんですけど、今回はハリウッド映画のデビュー作なのでそういうメッセージ性を出したくないんです。「園子温は社会派だよね」という色を付けたくないというか。・・・けど、まあまあ色が付いちゃいましたね(笑)。

──付いていますね!(笑)

だけど、「園子温とはこういう監督である」と規定されないものを作ったつもりです。日本人監督がハリウッドに渡るとき、ホラーが多いじゃないですか。そういう色を付けたくなかった。2作目は人間ドラマがやりたいし、社会的なものはそのあと。いろんな映画を撮りたいので、今回はあまり色を付けすぎちゃダメだなって、慎重になっています。この作品は娯楽大作として、ファミリーで観に行けるものにしました。ディズニー映画に近いんじゃないですか(笑)。

──とは言っても、物語で重要な役割を持つ時計塔の針も「戦後日本」を指し示していますし、社会派を強調しなくてもそういう要素はいろいろ出ていますよね。

隠し味のスパイスとしてね。時計塔の時間は広島原爆が落ちる1分前に設定していますし、紙芝居の場面では絵で福島が描かれていたり。ガバナーという悪役もシンボリックなアメリカ人で、彼に抑圧されている日本人の構図もあります。

ただしそれらは無意識的なんです、わざわざ押し出すつもりではなかった。無意識的だけど、感じていることがついつい出ちゃったんでしょうね。

──なるほど。

15年前、『愛のむきだし』(2009年)の撮影前にプロモーションでロサンゼルスへ行ってから、ずっと「俺はハリウッド映画が撮りたい」と言い続けてきたんです。当時はアメリカに憧れているだけだったんですけど、いつの間にかアメリカをディスっている自分も出てきました。つまり、15年かけてクールになったところがある。だから今回、ハリウッドデビューに対して舞い上がっていないんです。だからこそ良い感じに肩の力が抜けたというか。

──今後はずっとハリウッドで映画を作り続けるんですか。

今の日本映画は自分にとってはちょっと息苦しい感じがしているけど、だからといって日本映画を撮らないわけではないです。ハリウッドでは娯楽映画をやるので、だったら日本ではもっとエッジが効いていて、自主映画に近いもの。それこそ『アンチポルノ』(2017年)みたいな、誰も撮れないものを作りたいです。

──先ほどおっしゃっていた「ハリウッドでの社会派作品」とはどういう内容を想定しているんですか。

2作目の内容も発表していないから、なかなか言えないけど、ワールドワイドな社会問題を考えています。地球規模というか。ただ、多くの人が「これを社会問題と言うの?」と驚いちゃうくらいの話をやろうかなって。それに僕の映画の場合、「社会問題」と言ったってそこまでのものじゃないですよ。だって『自殺サークル』(2002年)が社会問題かって言われたらそんなワケないじゃん?

※編集部注/『自殺サークル』:集団自殺をテーマにした園監督の過去作

──ハハハ(笑)。いやいや、『自殺サークル』はそういう見方をかなりされていますよ!

っていうか、今日たまたま『自殺サークル』のTシャツを着ているんだよね。イギリスかどっかで売られていて、ネットで買ったんです。僕が公認したものじゃないから「黙認Tシャツ」なんだけど(笑)。こういうのを着て取材を受けると「何かメッセージを放っているんじゃないか?」と勘ぐられることが多いけど、何もないです。

──これから園監督を紹介する際、メディアでは「ハリウッド監督」という冠言葉がつきますね。

うん、あれって変な言い方だよね。だってハリウッドで映画を撮っている海外の監督のことを、わざわざハリウッド監督なんて言わないし。そういうのはいかにも日本国内での言い方ですね。あと「国際的に有名な映画監督」とか。そうじゃなく、僕はただの「監督」と呼ばれたいです。