有名人の行き当たりばったりの旅をMCの千鳥が見守るバラエティ番組『相席食堂』(ABCテレビ)。10月5日放送回は、「逆オファー相席」として大物アーティストが登場する。

今回の舞台は、新潟県三島郡出雲崎町。新潟屈指の魚のおいしい町で、串に刺した魚を炭火でじっくりと焼く「浜焼き」が名物だ。そんな町に旅人としてやって来たのは、なんとデビュー50周年を迎える演歌の女王・八代亜紀。これには「本物の大物!」と驚く千鳥。なかでも大悟は「大物ぶらないかわいい人。ワシ、絵も描いてもらった」と、意外な関係を明かす。

手始めに、八代は海辺や街をブラブラ。そんな彼女に地元の人たちは次々と声をかけてくる。あれよあれよと家に招かれ、八代は地元の味を満喫。老舗の和菓子屋さんでは江戸時代を代表する禅僧・良寛が愛したといわれる和菓子と出合い、お宅でお祖母ちゃんと和菓子相席をすることに。

感激のあまり涙を流すお祖母ちゃんの姿に、「スターって、こういうことなんやな・・・」「相席食堂ではじめて、本物の涙を見た」と、千鳥が絶賛。八代の温かすぎる地元民との触れ合い相席旅の模様は、10月5日・夜11時17分より放送される。