人気ゲームソフト『ドラゴンクエスト』(スクエア・エニックス)の音楽のほか、『亜麻色の髪の乙女』『恋のフーガ』などのヒット曲でも知られる作曲家・すぎやまこういち(本名:椙山 浩一)さんが9月30日に亡くなった。90歳だった。

すぎやまさんはフジテレビ退職後、フリーのディレクターとして活動。その後、作曲活動に専念すると、ザ・タイガースやザ・ピーナッツのブレーンとしても活躍し、1980年代中頃からゲーム音楽を手がけるように。シリーズの500曲以上におよぶ楽曲をすべて作曲し、世界中のファンから愛された。最近では、東京2020オリンピックの開会式で、『ドラゴンクエスト』行進曲の『ロトのテーマ』が使用され、話題となった。

この訃報にスクエア・エニックスの松田洋祐社長は、「『ドラゴンクエスト』シリーズの誕生から今日に至るまで、言葉では表せないほどの多大なご尽力を賜りました。ドラゴンクエストコンサートでオーケストラを指揮される先生のお姿が昨日のことのように思い起こされます」と、公式サイトに哀悼の意を寄せた。

また、『ドラゴンクエスト』のキャラクターデザインを担った漫画家・鳥山明は、「つい数年前にお会いした時の印象からも、いい意味で、永遠の命を持つ魔法使いのように思っていました。ドラゴンクエストのイメージは、当時からゲームが大好きでいらした、すぎやま先生の素晴らしく印象的な数々の名曲によって決定づけられた。と言っても過言ではありません」とコメント。

また、同ゲームの生みの親である堀井雄二は、「ドラゴンクエストを作って35年、その世界に、すぎやま先生は音楽という命をずっと吹き込んでくきてくださいました。これからもドラクエは、先生の音楽とともにあります。ユーザーのみなさんの心のなかに先生は生き続けるはずです」と綴った。

なお、葬儀・告別式は、親族および近親者のみにて執りおこなわれたという。