有名人の行き当たりばったりの旅をMCの千鳥が見守るバラエティ番組『相席食堂』(ABCテレビ)。その10月12日放送回で、千鳥が1枚の写真を巡って爆笑する場面があった。

今回は芸能界を代表する2人の「はるか」による「はるか相席」。ゲストにあまり期待をしていなかった千鳥だが一転、1人の旅人がぱるること島崎遥香だと分かると「当たりじゃない!」と期待を膨らませる。もう1人の旅人は、薄い髪を吹き飛ばすギャグでおなじみの海原はるか・かなたのはるか師匠。オープニングから若手芸人さながらのテンションで「芸人はやっぱこんくらいいかんとアカンね」と千鳥を圧倒する。

ロケは順調に進み、もう1人の旅人が気になるというぱるるに番組スタッフが事実を伝えると、「映画の舞台挨拶かなんかでお会いしました・・・」というぱるる。その言葉受け、スタジオに映し出された1枚の写真に千鳥は立ち上がり爆笑。

それの写真は『劇場霊』(2015年)の公開記念でのWはるかの初共演写真で、海原はるかは相方・かなたとともに謎の衣装を身にまとい登壇しているもの。はるかのトレードマークである髪型に目もいかない表情と衣装とのギャップに「こんなオモロイ師匠がおった」「めっちゃスーツ着てるときの顔してるやん」「なんでこの2人が自民党じゃないん!?」と笑いがとまらない。

「どうなってんのこれ!?」としばらくツッコみが止まらず、最後は「やっぱ絆よ、これが漫才師の!」と約1分にわたってのイジりをノブが締めくくった。この模様は「TVer」で見逃し配信中。