宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長する姿を描く、連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK朝ドラ)。第115回(10月22日放送)では、菅波が突然百音の前に現れる。

父・耕治(内野聖陽)が家業を継ごうとしている件について、ヒロイン・百音(清原果耶)たちで家族会議がおこなわれた翌朝。百音が仕事に行こうとすると、祖父・龍己(藤竜也)が海から帰ってくる。

百音は龍己に、耕治が海の仕事をすることについてどう思っているのかを聞く。その問いに対する龍己の答えは、百音が共感を覚えるような考えだった。

その日の夕方、百音は幼なじみの亮(永瀬廉)を職場に呼んでいた。先日、嵐で亮が乗っていた漁船が動けなくなってしまったときの天気の状況を検証するためだ。すると、そこに百音の恋人の菅波(坂口健太郎)が突然現れて・・・。

本作は、宮城県気仙沼出身のヒロインが気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。放送は2021年10月30日までの予定。