映画『劇場版 ソードアート・オンライン −プログレッシブ− 星なき夜のアリア』の舞台挨拶が、11月6日に「梅田ブルク7」(大阪市北区)にて開催。同作でメインとなるキャラクター・アスナ役の声優・戸松遥と、アニメシリーズの主人公・キリトを演じる松岡禎丞が登壇した。

作家・川原礫による原作が全世界で2600万部発行を記録する『SAO』シリーズは、仮想のゲーム世界が舞台の物語。2012年にはアニメ化されさらに人気を集めており、この日もメイン声優の戸松と松岡が登壇するやいなや、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

シリーズの劇場版ということに加え、ドルビーアトモスや、日本映画では初のIMAX12chサウンド上映など優れた音響での上映にも注目が集まっている同作。最新作の出来映えに自信たっぷりの戸松は、「今作は『鑑賞』というより『体感』するものだと思っていて。アトラクションに乗った感覚で、ぜひ体感してみてください!」とコメントした。 映画『劇場版 ソードアート・オンライン −プログレッシブ− 星なき夜のアリア』は現在公開中。

取材・文/つちだ四郎