演出家・野田秀樹が率いるNODA・MAPの作品群のなかで、傑作と名高い4人芝居『THE BEE』。9年ぶりに日本で上演される同作が、2022年春にWOWOWライブで放送されることが決定した。

『THE BEE』は、9.11同時多発テロ事件に触発された野田が、筒井康隆の小説『毟りあい』を題材に、ロンドンの演劇人とのワークショップの積み重ねから英語戯曲として書き下ろした作品。初演は2006年のロンドンで、翌2007年には東京で日本語版が初演され、これまでに10カ国14都市で上演されてきた。

9年ぶりにおこなわれる日本上演では、阿部サダヲ、長澤まさみ、河内大和、川平慈英を実力派キャストを新たに迎え、これまで出演してきた野田が演出のみに専念。演出家としての集大成と捉えているという。

2021年11月に「東京芸術劇場シアターイースト」で上演された同作が、WOWOWライブにて放送されることに。毎公演、当日券は発売されるものの、なかなかチケットが取れないと言われる舞台だけに、未見の演劇ファンにとっては絶好の機会。放送日は2022年春予定、詳細は後日発表される。