ジャニーズ事務所の7人組グループ・なにわ男子の長尾謙杜が主演を務める、アマゾンオリジナル映画『HOMESTAY(ホームステイ)』。そのメインビジュアルが1月26日に解禁され、同時に予告動画も公開された。

作家・森絵都によるベストセラー小説『カラフル』(理論社)を実写化した同作。ある人物からの指示により、一度死んでしまった主人公・シロの魂が、謎の死を遂げた高校生・小林真の身体に乗り移って「ホームステイ」をしながら、死の真相を突き止めていくというストーリーだ。

2021年になにわ男子としてCDデビューを果たし、現在は嵐・松本潤主演のドラマ『となりのチカラ』にも出演中の長尾。映画初主演となる本作では、身体と中身が異なる難役に挑戦している。

自身の役柄については、「僕も思いかえしてみると、自分が知らないところで人が傷ついていたり、誰かが影で助けてくれていたりすることがあったなと実感したし、共感できる点がとてもたくさんありました」とコメント。また、「誰が観ても共感できる作品でありながら、若い世代と大人では、感じ方が異なるような物語にもなっていて、奥の深い作品です」とアピールした。

今回解禁された予告映像では、別人として過ごすシロの高校生活や淡い恋模様、隠しごとをする家族のミステリアスな様子が映し出されている。また、山田杏奈、八木莉可子といった主要キャストが、高校生の繊細な心情をリアルに表現する場面も。

「アマゾン」が制作する初の日本映画となる本作は、「アマゾンプライムビデオ」にて2月11日より世界同時配信される。