6月21日放送の『クローズアップ現代』(NHK)に、ミュージシャンの桑田佳祐が出演。桑子真帆アナウンサーによる独占インタビューが実現した。

今年5月に佐野元春、世良公則、Char、野口五郎の「同級生」4人とのチャリティーソング『時代遅れのRock’n’Roll Band』を発表した桑田。番組では、終わらないコロナ禍やウクライナでの紛争など混迷を極める今の世のなかに向けて作った楽曲について、桑田が曲に込めた思いを語る。

桑子アナとの対談は、東京・渋谷の老舗ロックバーでおこなわれ、そこで桑田は、ボブ・ディランの名曲『風に吹かれて』を自身で「桑田風」に訳した日本語の歌詞で熱唱する場面も。

また同曲のミュージックビデオ撮影の現場に、番組のカメラが密着。佐野、世良、Char、野口それぞれにもインタビューし、桑田の呼びかけで実現した「異色の同級生ユニット」のストーリーに迫る。

「いま、音楽に何ができるのか?」。日本を代表するシンガーソングライター・桑田が「次世代へのエール」そして「平和へのメッセージ」を語る。放送は6月21日・夜7時半から。