ダウンタウンの浜田雅功とゲスト(相方)、スタッフが、五分五分の立場でロケをおこなう『ごぶごぶ』(MBS)。9月13日放送回には、女優・鈴木杏樹が相方として登場する。

ロケの舞台は、鈴木杏樹の出身地である神戸。しかし神戸にいたのは17歳までで、街のことをあまり知らないという。そこで今回は、思い出の地や知らない地を巡って神戸の魅力に再び触れ、神戸っ子の心を取り戻すというロケをおこなうことに。

30年前にドラマ『十年愛』(TBS系)で共演していた浜田と鈴木。阪急・御影駅でのオープニングでは、あまりの暑さに「無理や」とテンションが下がる浜田だが、ゲストが誰か分かると「杏樹や・・・」「ええええ!?」と、久しぶりの再会にうれしい表情を見せる。

鈴木の思い出の場所として、レトロな雰囲気が漂う王子動物園へ。幼少期以来だという久しぶりの訪問に、童心に返って目を輝かせる。鈴木には王子動物園と言えば、という思い出ポイントがあるそうで、その場所へ浜田を連れて行くと、「ほら来た!! これですよ! これ!!」と異常なテンションをみせる。

これには浜田も「はぁ〜なんやそれ」と呆れる様子だったが、「ああ〜今きたね。この感じね」「わかるわかる!うわ〜!来てるなあ!」と、まさかの共感でノスタルジーに浸る。しかし、「まさかこれ見に来たってこと?」と浜田は絶句。鈴木独特の懐かしポイントを巡る。この模様は9月13日・夜11時56分から放送される。