「アサヒ生ビール」(愛称・マルエフ)の期間限定店『アサヒ生ビール マルエフ横丁 in 大阪』が11月17日、「阪急大阪梅田駅」(大阪市北区)1階広場にグランドオープン。その記念イベントに、元プロ野球選手・糸井嘉男氏、ピン芸人の友近が登壇した。

飲料メーカー「アサヒビール」(本社:東京都墨田区)の人気商品である「マルエフ」を、定番の生ビールをはじめ、黒生との「ハーフ&ハーフ」や「ワンサード(マルエフ2:黒生1)」など幅広い飲み方で堪能できる今回のスタンド。

その期間限定関西女将として、和服姿で登場した友近。今年7月に東京・日比谷で『マルエフ横丁』が開催された際は、藤原紀香が女将に就任していたこともあり、友近は「東の紀香、西の友近、ということでやらさせていただきます」と意気込んだ。

この日は、阪神など19年間第一線で活躍し、惜しまれながらも今年9月に引退表明した元プロ野球選手の糸井嘉男氏も登壇。友近が糸井氏のためにサーバーからビールを注ぎ、「糸井さん、19年間のプロ野球生活おつかれ生でした!」と労うと、一口飲んだ糸井氏は「おいしい! 大好きなビールでみなさんに労っていただいてうれしいです。ありがとうございます」と笑顔でコメントした。

『マルエフ横丁』では、「アサヒ生ビール」とお通し(大阪風どて焼き・鶏の炭火焼き・枝豆から1種)のセットが500円で楽しめる。期間は11月23日まで。17日は昼2時から夜9時、18日以降は昼11時から夜9時まで営業となる(全日ラストオーダーは夜8時半)。