歌と踊りを愛する少女・鈴子が大スター・福来スズ子に成長する姿を描く連続テレビ小説『ブギウギ』(NHK朝ドラ)。12月1日放送の第45回では、スズ子が立ち上げた楽団の名前がSNSを中心に話題となっている。

所属していた梅丸楽劇団が解散して以来、何をするでもなく1日を過ごしていたスズ子(趣里)。大阪の梅丸に戻ってくるよう誘われたものの、大阪でも自由には歌えないことを聞いていたスズ子は途方に暮れる。

ある日、スズ子は歌手・茨田りつ子(菊地凛子)のコンサートを観にいく。どこにも属さず歌を歌い続けるりつ子の姿に勇気をもらい、父・梅吉(柳葉敏郎)の励ましに背中を押されたスズ子は、自らの楽団を立ち上げるのだった。

今回の放送では、自分の楽団を抱え「誰に何を言われようと、舞台にかじりついてでも自分の歌を歌うのよ」と語るりつ子にスズ子が感銘を受け、「福来スズ子とその楽団」を立ち上げるシーンが描かれた。

りつ子の楽団「茨田りつ子とその楽団」を思い出すような命名に、SNSでは「その楽団! 茨田さん方式ね」「茨田さんと楽団名同じだけど大丈夫なのかな」「『福来スズ子とその楽団』ってパクった? でもこんなパクりならりつ子さまも大歓迎だよね」などの声が相次いでいた。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。12月4日放送の第46回では、スズ子の楽団が始動するもののジャズが「敵性音楽」と見なされ依頼がこないでいた。土曜日はその週の振りかえり。

文/つちだ四郎