松本潤主演で、徳川家康の人生を描く大河ドラマ『どうする家康』(NHK)。12月3日放送の第46回『大坂の陣』では、家康の孫で豊臣秀頼の正室・千が豊臣家のキーパーソンに。両家の板ばさみになっているいじらしい姿と、次回予告での予想外の姿のギャップに、SNSでは衝撃の声が集まった(以下、ネタバレあり)。

■ どうする家康、千のいる大坂城に向け砲撃

徳川方から豊臣家の問題行動に対し、大坂城からの退去や茶々(北川景子)を江戸に送るなどの条件を突きつけられた豊臣家家臣・片桐且元(川島潤哉)。穏便に済まそうとするが、強硬派の大野治長(玉山鉄二)に暗殺されかけて、やむなく豊臣家を離れる。

そんな折、秀頼(作間龍斗)と2人になった正室・千(原菜乃華)が「本当に戦をしたいのですか?」と問うが、秀頼は「余は豊臣秀頼なのじゃ」と答えるのみだった。

1614年12月、ついに『大阪冬の陣』がはじまる。豊臣方は兵力の大きな差もあって「難攻不落」と呼ばれた大坂城での籠城戦に入り、徳川からの和睦の申し入れはすべて突っぱねていた。戦の早期終結を望む家康は、ついに外国から輸入した最新式の大筒で、大坂城を砲撃。

その球は逃げまどう茶々や千の近くにまで届き、気絶した千が目を開くと、そこには侍女たちが瓦礫の下敷きとなっている、悲惨な光景が広がっていた・・・。

■ 両家の関係悪化に心痛の千、秀吉とは違う秀頼

建前は徳川と豊臣の架け橋、内実は豊臣家への人質として、幼いうちから秀頼と結婚した家康の孫・千姫。かつては茶々にイビられるという役回りが多かったが、茶々にとっては姪に当たることもあり、そんなにひどい扱いは受けなかったのではという解釈も有力視されるように。また千の心も作品によって「完全に豊臣ファミリー化」か、逆に「徳川家の姫」の意識の方が強いかに分かれていて、割と自由度の広いキャラクターでもある。

さて原菜乃華が演じる『どう家』版の千は、茶々からあからさまにイビられはしないけど、たびたびの豊臣家マウントには悩まされているという印象。おそらくは両家に同じぐらいの愛情があり、それゆえに関係の悪化には非常に心を痛めているというスタンスだ。SNSでも「うわ。狸と狐の板ばさみつら」「大好きなおじいちゃんと戦争したくないもんな」「千ちゃん針のムシロどころじゃない」「ちょっとは千姫を気づかえ! 豊臣勢!!」などの苦情が。

そしてここまで、なかなか腹の内が見えなかった秀頼だが、茶々の勇ましい言葉に目を伏せたり、必ずしも戦を望んではいないことを千には匂わせていたことから、「天下を取ることしかアイデンティティがない・・・そういうふうに育てられてしまった子」「個人として生きることが許されないと諦めていますね。若くしてこの境地に至り、それを誰とも分かち合えない苦しさは不憫」と、実は父・秀吉のようなモンスターではないのでは、という憶測が上がっていた。

■ ぺんすうのシーン、実は残酷な運命のプロローグか

そして、戦が起こったらこの状況に泣くほど心を痛めているはずの千に、あえて豊臣方の兵を鼓舞するような言葉を強要するなど、ますますプレッシャーが強くなった茶々。当初はSNSで、「茶々いい加減にしなさい」「女狐どころか鬼婆」などの罵倒が飛んでいたが、大砲の攻撃で身動きができなくなった千を、身を挺して助けるという思わぬ行動に、誰もがハッとしただろう。

SNSでも、「あんな姑の圧砲ぶっ放してたのに、人の心があった!」「家康はお千が豊臣にいても非情になりきれるけど、茶々はこの土壇場でお千に情をかけて守ってしまうんだな」「千姫をかばったのは、慈悲の心が残っていたのか、最後まで絆が固かったとされる妹の子だからか」「酷い人に見えてやっぱり愛の深い人だ。相反する心をずっと抱えているんだ」と、改めて茶々という女性を見直したという声が続々と。

そして史実でも、このときの大砲の攻撃で侍女が死亡している(数は諸説あり)。次回予告では、あんなに戦を避けたがっていた千が、「徳川を倒しましょう!」と逆に扇動するというショッキングなシーンが流れたが、自分たちの家族がこの惨状を引き起こした絶望と、茶々の自分への思いやりを知って、一気に「茶々二世」にトランスフォームするのだろうか?

SNSでも、「徳川方の大筒が天守を貫き、茶々さまが千姫を庇い重傷を負い、その結果千姫がアヴェンジャー化。誰1人欠けてもできなかった、あまりにも地獄のピタゴラスイッチ」「地獄の光景を目の当たりにして、お千はおじじ様を恨み、徳川を倒そうの予告になるのだね・・・悲しい」「千姫も織田の血を引く女だから、お市の方のようになる可能性もあれば、茶々さまのようになる可能性もあるなあ」と、来週の展開を案じる声が相次いだ。

お市といい茶々といい、そして今回の千姫といい、家康には織田の血筋を引く女性を「守ってやるといいながら守れない」という呪いでもかけられているのか? と思えてしまう。脚本の古沢良太いわく、家康は戦国時代の終焉という大きな功績を上げるのと引き換えに、普通の幸せを失ってしまう展開が待っているというが、多分孫娘の愛情もそこに含まれているのだろう。そう思うと、最初に何気なくはさまれた「ぺんすう」を見て千を愛情深く思い出す家康のシーンは、実は残酷な運命のプロローグだったのかもしれない。

『どうする家康』はNHK総合で日曜・夜8時から、BS・BSP4Kは夕方6時から。BSP4Kは昼12時15分に先行放送あり。12月10日放送の第47回『乱世の亡霊』では、徳川と豊臣の間で、大坂城の堀を埋める条件で和議が成立。しかし乱世を望む人たちによって、再び両家の間に暗雲が立ち込めていく姿が描かれる。

文/吉永美和子