歌と踊りを愛する少女・花田鈴子(趣里)がやがて昭和を代表する大スター・福來スズ子に成長するまでを描く連続テレビ小説『ブギウギ』(NHK朝ドラ)。第10週のラストとなる12月8日放送回終盤、そして9日の振りかえり回で、第11週の予告映像が放送された。

12月8日まで放送された第10週「大空の弟」ではスズ子(趣里)と父・梅吉(柳葉敏郎)のもとに、弟・六郎(黒崎煌代)が戦死したという知らせが届く。絶望し歌うこともできなくなっていたスズ子。しかし、作曲家・羽鳥(草彅剛)がスズ子と六郎のために作った『大空の弟』を歌い、ステージ上で再起を果たすのだった。

第11週「ワテより十も下や」の予告映像では、学生服を着た青年(水上恒司)が登場。青年が「大ファンやったんで」「福来さんの歌は周囲をパーっと明るすると思うんです」と熱く語るシーンや、お付きの小夜(富田望生)が「好きになっちまったのけ?」と問うシーンが流れた。

SNSでは、ついにスズ子の恋愛が描かれることや、かねてより出演が待ち望まれていた水上の登場に「来週、鈴子のホンマの恋の相手が」「スズちゃんに恋? ワクワクする」「来週からいよいよ水上くんが登場なのね!?」「待ちに待った『朝ドラの水上恒司』くる・・・」など盛り上がりを見せている。

第11週「ワテより十も下や」は、12月11日から12月15日まで。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

文/つちだ四郎