吉本新喜劇メンバーのミニステージや子ども向けワークショップがおこなわれるイベント『よしもとしんきげきフェス』が、ゴールデンウィークの5月3・4日に「万博記念公園」(大阪府吹田市)で開催される。

同フェスでは、65周年を迎えた「吉本新喜劇」を中心としたミニステージや、小中高生の子どもを対象にしたワークショップを実施。子どもたちが新喜劇を体験できる「万博こどもしんきげき」(要応募)や、NSCで講師をつとめる漫才作家・藤田曜さんを迎えての「漫才体験教室」、お笑いコンビ・ジョイマンによる体操「ジョイササイズ」など、ここでしかできない体験プログラムが登場する。

また、5月3日の夜には花火大会も開催。座長らも駆けつけ、音楽とともに1万発の花火が打ち上がり、特別な一夜を演出。エリア内は全席有料となり、なかには新喜劇メンバーとバーベキューが楽しめる「スペシャルシート」も用意される。

イベントは5月3日・4日、昼11時〜夕方4時まで。花火大会は5月3日・夜8時〜夜8時45分(開場は夕方5時)。花火大会は別途チケットが必要で、A席大人3500円、S席大人6500円、BBQ付きスペシャルシート4万5000円(最大4名)〜18万円(最大18名)。詳細は公式サイトにて。