こまめな手洗いや手指消毒がライフスタイルの一環となった昨今。以前は水洗いだけで済ませていた場面でも石けんとアルコールを使うことが当然となり、その回数も増加。その結果、手荒れに悩む人も。

そこで美容ライター歴20年以上として注目するのは、肌トラブルにも照準を合わせたスキンケア発想の除菌アイテムだ。コロナ禍を受けて、スキンケアコスメ作りのノウハウを注ぎ込んで開発した除菌アイテムが各社から登場している。除菌=乾燥するというイメージを覆すアイテムの数々を紹介したい。

高い保湿力で乾燥からもガード

マテリアプリマの「アルコールクリーンミスト」

肌に合う1本が選べるよう、美容液を30種類もそろえるスキンケアブランド「マテリアプリマ」。「アルコールクリーンミスト」(200ml・3000円税別)は、頻繁な消毒で手が荒れるという声を受け、ハンドケアしながら衛生管理できるものを、と開発された商品だ。

サトウキビ由来の発酵エタノールを76%も含むほか、オーガニック・カモミールウォーターやアミノ酸、セラミドなど、美容液に使われる有用成分を贅沢に配合。今年、6月に発売してから「つけ心地もサラサラで手が荒れない」と、SNSでは高評価の声が続出している。公式オンラインストア、直営店にて販売中。

手にやさしい衛生ケアスプレー

MiMC  ONE「プロテクトミスト(ボタニカル)」

肌と地球にやさしく、性別や世代も問わない多機能なアイテムを展開する「MiMC  ONE(エムアイエムシーワン)」。今年6月に発売した「プロテクトミスト(ボタニカル)」(75ml・2000円税別)は植物由来エタノールを75%含有。

保湿剤としてグリセリンを配合しているためカサつきにくく、柑橘系の香りで使用するたびに癒やされる。スタイリッシュなアルミの容器は持ち運びやすいサイズなので、外出先でサッと使用できるのもポイントが高い。公式オンラインストア、直営店にて販売中。

除菌もできるハンドクリーム

MammaBaby「リフレッシングハンドクリーム」

医療機関向けの製薬会社が展開するオーガニックブランド「MammaBaby(ママベビー)」から9月12日に発売されたアルコール濃度62%の「リフレッシングハンドクリーム」(65ml・1800円税別)。沖縄伊江島の有機サトウキビ由来の植物発酵バイオエタノールに、コメヌカ油、乳酸桿菌、低刺激性のバクチオールなど自然由来の保湿、美容成分を配合。

手指を清潔に保ちながら手荒れを防ぎ、肌本来のうるおいを高めるための役割を担う。ベタつきにくい感触で、赤ちゃんからでも使用可能。公式オンラインストア、全国の百貨店、セレクトショップ等にて販売中。

文/松下陽子