一昨年は『巨大昆虫ワールド』、昨年は『キッズ・ザ・サーカスJAPAN』とおこなわれてきた、「大阪南港ATCホール」(大阪市住之江区)の夏恒例ファミリー向けイベント。今年は、ヨーロッパ最大の恐竜が遂に関西初上陸を果たす展覧会が7月25日から開催された。

この『メガ恐竜展2017 巨大化の謎にせまる』は、メガが付いているだけに、恐竜のなかでももっとも大きい「竜脚類(りゅうきゃくるい)」にスポットを当てており、全長30メートルのトゥリアサウルスの復元骨格をはじめ、ティラノサウルスの頭部モデルなど、ビッグサイズの展示物が充実。展示数約200点がワンフロアにギュッと凝縮されており、眼前に迫ってくる恐竜の迫力は圧巻!知識はなくともインパクトは大。アトラクションとして十二分に楽しめる。

また、鑑賞だけじゃなく、恐竜のライドアトラクションやワークショップ、会場限定の恐竜グッズなども満載。期間は9月3日まで。料金は一般1600円、3歳〜中学生900円。