8月7日の「ハナの日」にちなみ、「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)の双子のジャイアントパンダ「桜浜(おうひん)と桃浜(とうひん)」に7日、特製の花型氷がプレゼントされる。

2頭のパンダに花の名前が付いていることからおこなわれる今回のイベント。この日、朝10時15分から「パンダラブ屋外運動場」で、夏の花・ひまわりをかたどった氷が贈られる。このほか施設内では、ジャイアントパンダの鼻を描く『フェイスペイントサービス』や、夏休みの思い出を綴る『絵日記コーナー』も。

絶滅の危機に脅かされていたジャイアントパンダの繁殖・育成に成功し、中国を除けば世界最多の15頭も育ててきた「アドベンチャーワールド」。桜浜と桃浜らは、2014年12月2日に同施設で生まれ、それぞれ日本を代表する桜、中国から伝わった桃を由来に名前がつけられた。