東京・小池百合子都知事、大阪・吉村洋文府知事、大阪・松井一郎市長が顔をそろえた『第2回東京・大阪連携会議』が26日、「大阪市役所」(大阪市北区)で開催。先端技術を活用したスマートシティ戦略などについて意見交換をおこなった。

この日は、日本の成長を牽引する起爆剤にするべく、2020年『東京オリンピック』から2025年『大阪・関西万博』にかけての連携協力を確認。「東京五輪も準備も総仕上げで、各種大会の準備も整ってきている。大会で得られるレガシーやノウハウを大阪とも共有できるようにしたい」と意欲を見せた小池知事。

また、都市力を向上させる施策として、先端技術を活用したスマートシティを推進することで一致。東京・宮坂学副知事(元ヤフー代表取締役社長)は、「5Gネットワーク」を早期に構築し、世界最高のモバイルインターネット網の建設に着手する計画であることを発表した。

これを受けて、スマートシティ戦略を強化している吉村知事も、「5Gネットワークは今後絶対必要になる。府では2020年に民間の知識経験感覚を持った方をトップにした組織をつくり、大阪市のICT戦略室と連携して大阪全体のスマートシティ化を進め都市として成長していきたい」と語った。

2大都市のトップ3者が集まったこの会議は、両都市の職員たちが日々連絡を取り合い、調整を重ねてきたことで実現した。小池知事は「今日の連携会議の大きな実績は、現実に実務者レベルで日々の連携体制ができるようになったこと。スマートシティの構築で国に規制緩和をお願いしなければならないときも連携していきたい」とコメント。松井市長も「府市一体で新しいことに取り組み、こういった連携会議ができた。カウンターパートが東京都にいることは素晴らしいことだ」と称賛した。

取材・写真/岡田由佳子