集客エリアを7月20日から全国に拡大した「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪市此花区)。それにあわせて同日より、日付指定の購入済み入場券について日付変更に手数料なしで対応すると発表した。

3月から一時的にルール変更され、入場予定日の翌日から90日目(通常は30日目)まで日付変更できるようになっているパーク入場券。これまで1枚200円だった手数料が廃止され、無料で対象期間へ変更可能となった。

さらに、東京在住者(7月20日時点)に対しては、変更期間を入場予定日の1年後まで拡大。同パークは、「東京都にお住いの方には、来場時期の見直しなど特に慎重にご検討いただきたい」と説明する。

新型コロナウイルスによる臨時休業から段階的な営業再開を進めてきた同パーク。今回の対応については、「昨今の全国各所でのクラスター感染発生などの状況を鑑み、遠方の方などがパークへご来場いただく時期について幅広く選択いただけるよう柔軟に対応してまいります」と、今後も入場者数調整と徹底的な安全衛生対策を継続するという。