大阪・難波の老舗手芸用品店「とらや」(大阪市中央区)が12月20日に閉店すると発表。そのニュースを受け、SNSでは悲しみの声が溢れた。

同店は1952年(昭和27年)、大阪・難波で創業。天然素材から化学繊維まで幅広い生地を販売する「服地・布地のデパート」として知られており、主婦をはじめ、多くの手芸愛好家により利用されてきた。また近年では外国人旅行客やコスプレイヤーたちから多く利用されており、その類稀なる品揃えの良さには定評があった。

しかし今年に入り、新型コロナウイルスの影響で外国人旅行客が大幅に減少し、またコスプレイベントの中止などが相次ぎ、業績が悪化。そのうえ、洋服や小物が安価で手に入る時代の流れで手芸愛好家の人口が減少していることもあり、2020年末の閉店を決めたという。

閉店のニュースを受け、SNSでは「うそやん! 布地のバリエーションもお値段もアクセスも抜群だったのに」「関西のレイヤーなら一度はお世話になるとらや・・・悲しい」「とらやに行けば何かしら合う布があるだろうと思ってたし、行けば余裕で2時間くらい悩むのが楽しかったのに」などと同店を愛用していたコスプレイヤーたちをはじめ、手芸愛好家たちから閉店を惜しむ声が多くあがっている。

担当者は、「閉店まで2カ月ほどですが、これをきっかけに手芸を始める方などいらっしゃればうれしい。ぜひ最後に来ていただければ」と話す。「とらや」は12月20日閉店。営業時間は現在、感染症拡大防止のため変更しており、10時30分〜19時。

取材・文/野村真帆