奈良県は5月4日、新型コロナウイルスの陽性者を新たに62人確認したと発表。これで累計陽性者数は、6498人となった。

前日3日(70人)から8人減少となる新規陽性者62人となったこの日。とはいえ、決して楽観できない状況で、重症対応病床の占有率は84%(空き5床)、入院病床は71%(空き114床)と、依然予断を許さない。

また、新たに1人の死亡も確認され、累計死者数は78人となった。