奈良県は5月5日、新型コロナウイルスの陽性者を新たに76人確認したと発表。これで累計陽性者数は、6574人となった。

緊急事態宣言が発令されている大阪府、京都府と隣接する奈良県。連休中は周辺エリアからの来訪も多く目撃されており、県民から不安の声が上がっていたが、この日も新たに1人の死亡を確認。累計死者数は79人となった。

また、重症対応病床の占有率は84%(空き5床)、入院病床は72%(空き112床)と、依然予断を許さない状況となっている。