京都市屈指の繁華街・四条河原町に、「四条河原町温泉 空庭テラス京都」と「四条河原町温泉 別邸 鴨川」からなる温泉リゾートホテルが6月にオープンする。

今回新たに開業するのは、和のインテリアを施したコンパクトな全102室の「空庭テラス京都」」と、32室すべてが露天風呂付きで自室ディナーが楽しめる「ラグジュアリーな京都ステイ」をコンセプトにした「別邸 鴨川」の、異なるスタイルのホテル。商店街や飲食店が立ち並ぶ京都の中心地・四条通りと河原町通りの交差点から徒歩1分の場所に位置し、アクセスも良好だ。

また同ホテル最大の特徴は、敷地内から湧き出る自家源泉の天然温泉を9階まで汲み上げた絶景大浴場。露天の立ち湯からは、京都・東山の大パノラマが臨める。さらに屋上は「空庭テラス」として開放し、テーブル席やファイヤーピットを囲うソファ席、さらに足湯も完備され、夕方には無料のカクテルサービスも。

また館内には、京都に根付く食文化を堪能できるレストラン「京割烹 東山」もスタンバイ。同ホテルは、6月20日にプレオープン予定。

文/宮口佑香