「星野リゾート」(代表:星野佳路)の関西プレス発表会が9月14日に大阪市内でおこなわれ、「OMO関西空港 by 星野リゾート」が2023年冬に開業すると発表された。星野リゾート初のエアポートホテルとなる。

国内外の都市を結ぶ「関西国際空港」から1駅の「りんくうタウン駅」(大阪府泉佐野市)に誕生する同ホテル。「空チカ、ファンタイム」をコンセプトに、空港送迎バスなど利便性はもちろん、空をテーマにしたレストランや大阪湾を望むルーフトップバー、飛行機を眺めながらゆったりできる大浴場・サウナなどが用意され、空港利用者がターゲットとなる。

代表の星野佳路氏は、以前あるエアポートホテルに泊まったときのことを「人生最悪の夜」だったと話し、「エアポートホテルを前向きに楽しめたことがない」とコメント。

調査の結果、エアポートホテルを選ぶ基準は「価格」「アクセス」「清潔さ」で、寝るだけのホテル選びになっている現状が見えたといい、「エアポートホテルを利用する人を良い意味で裏切る、そんな場所にしたい」と意気込んだ。「OMO関西空港 by 星野リゾート」は全700室(地上1〜22階)。2023年冬開業予定。