大阪市によるスポーツ応援事業「OSAKA SPORTS GROOVE(オオサカスポーツグルーヴ」 の記者会見が10月3日、「大阪市役所」(大阪市北区)で開催。大阪市を拠点とする7つのスポーツチームが集まり意気込みを語った。

このプロジェクトは、プロ野球の「オリックス・バファローズ」やプロバスケットボールの「大阪エヴェッサ」など、大阪市を拠点とするスポーツチームが一体となり、スタジアムでのスポーツ観戦客を呼び戻すことが目的。

この日おこなわれた開幕式では、7つのチームの代表とキャラクターが一堂に集まりそれぞれアピール。松井一郎市長も、「コロナでスポーツ観戦できず寂しい思いをされているなか、大阪を元気づけてもらいたいと企画した。ぜひスタジアムで観戦し、元気をつけてもらいたい」と挨拶した。

また、7チームの代表として宣誓したプロサッカーの「セレッソ大阪」森島寛晃代表は、「(スポーツを)生で見ていただくなかで感動や笑いを感じ、大阪に元気と感動を与えられたらと思う。改めて、各チームと一緒になって大阪を盛り上げていくことを楽しみにしている」と語った。

今後、各チームのホームゲーム開催日を『応援デー』として設定。観戦試合の無料招待や選手との写真撮影、オリジナルグッズのプレゼント、観戦バスツアーなどがおこなわれるという。

7つのスポーツチームはこのほか、ラグビーの「NTTドコモレッドハリケーンズ大阪」、バレーボールの「クボタスピアーズ」「サントリーサンバーズ」「JTマーヴェラス」。

取材・文・写真/岡田由佳子