世界的フィギュアメーカー「海洋堂」のフィギュアを展示する「海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城」が、複合施設「ミライザ大阪城」(大阪市中央区)内に12月12日よりオープンする。

精巧で躍動感のある造形が世界屈指との声も名高い「海洋堂」のフィギュア。その精巧さは、同社の恐竜モデルが映画『ジュラシック・パーク』製作時の資料として使われたほど。このミュージアムでは知名度の高いキャラクター系のフィギュアを中心に、手の平サイズから人間サイズまで3000点以上が常設展示される。

順路は、前半が特撮映画や洋画、漫画やアニメ、ゲームのキャラクターなどの「キャラクターエリア」、後半が食玩や動物、恐竜、仏像、甲冑、現代アートなどの「生物や歴史文化・芸術エリア」。最終地点の「企画展示室」には、箱のなかにフィギュアをその世界観ごと再現する「BOXジオラマ」が待機している。

同社いわく、ポップカルチャーに加え日本の歴史や文化も具現化することで、海洋堂の作品を初めて見る人や日本文化に興味がある外国人観光客にもおすすめな展示になっているそう。入館特典としてフィギュアや缶バッチがランダムで手に入るほか、無料観覧エリア内のミュージアムショップでは最新フィギュアやオリジナルグッズもスタンバイ。

オープン日時は12日の昼1時。入館料は大人(高校生以上)800円、子ども(小学生以上)400円。場所は大阪城天守閣前の「ミライザ大阪城」地下1階、営業時間は朝9時30分〜夕方5時30分(入館は5時まで)。