ユーザーの視点で優れた商品デザインを募集し、商品化をめざす『コクヨデザインアワード』。その2011年から2016年のアワード受賞作品が、8月8日・9日に「マイドームおおさか」(大阪市中央区)でおこなわれる見本市『文紙MESSE2017』にて一堂に会することに。

今年で15周年を迎える同アワードは、日本を含む44カ国が参加。累計1000万個以上の大ヒット商品となった角が28個もある「カドケシ」をはじめ、「Campusノートパラクルノ」「なまえのないえのぐ」「和ごむ」など、数々の斬新なアイテムを生み出してきた。

そんな『コクヨデザインアワード』の2011年から2016年の受賞作品27点を一堂に集めた『KOKUYO DESIGN AWARD STORY 2011-2016展』。製品化される前の受賞作品が観られるのはめったになく、文具好きはもちろん、デザイン志望の学生にとってもめったにないチャンス。当日は無料のワークショップも開催。入場は無料。