「JR西日本」は、通勤時間帯の分散乗車を促すため、一部の在来線特急列車の普通車指定席の特急料金を300円で6月1日から平日限定で利用できる。

緊急事態宣言が解除されたなかで、「在来線の混雑回避し、社会的距離を確保できるよう特急列車も利用していただければ」とJR西日本広報者は、かつてない値下げプランについて説明する。

京都〜大阪間は通常1190円、姫路〜大阪間は通常1520円だが、すべて一律300円に。また定員の5割程度が発売上限となっており、「3密」状態を避ける。

午前中であれば、8時14分・姫路発〜9時00分・三ノ宮発〜9時24分・大阪着のスーパーはくと2号、京都7時53分発〜大阪8時22分着のサンダーバード2号など。朝夕の通勤時間帯に走る「サンダーバード」「ラクラクはりま」「はるか」「スーパーはくと」「はまかぜ」が対象となる。

定期券を利用し、「J-WESTネット会員」登録者であれば、インターネット予約「e5489」で利用日の前日と当日の出発2分前まで購入できる。発売期間は5月31日〜6月30日、利用期間は6月1日〜30日(土休日を除く)。