アイスクリームブランド「ハーゲンダッツ」(日本本社:東京都目黒区)の「華もちシリーズ」全2種類が、9月29日より全国のスーパーマーケットやコンビニなどで販売されている。

「華もちシリーズ」は、なめらかで濃厚なアイスクリームと、やわらかく伸びるもちを組み合わせた和洋いいとこどりの人気商品。

昨年も販売され、好評だった「華もち 吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ」(295円・税別)は、深煎りで香ばしさを際立たせたきなこと濃厚な味わいのミルクを合わせたアイスクリームのなかに、コクのある黒みつソースがひそんでいる。

さらにアイスクリームの上にも黒大豆(丹波種)と黄大豆をブレンドしたきなこをたっぷりとトッピング。こちらは「華やかな香りと素材本来の風味を楽しめるよう浅煎りきなこを使用しています」と開発担当者。蓋をあけた瞬間にきなこの香りが立ち上がる贅沢な仕立てだ。

SNSでも「きな粉の香りが良くて美味しい!!中のきなこ粉アイスクリームと黒蜜の相性も最高で、またリピしたい」「表面のおもちによる和菓子らしさを残しつつ、アイスクリームのなめらかな食感が相まって、香ばしい味わいです」と好評。なかには「きなこが飛び散るので気をつけて」というアドバイスも。

今年初登場となる「華もち 栗あん」(295円・税抜)は、京都や岐阜で親しまれている郷土菓子「栗もち」から着想を得た新フレーバー。栗の甘さを引き立てるため甘さは控えめにした白あんアイスクリームに、隠し味に塩を加えた栗ソースを合わせている。やわらかいもちの上には風味豊かな栗あんをのせ、粉糖をかけて本格的な和菓子のイメージに近づけた。

こちらもSNSでは評判上々で、「こんな美味しいアイス食べたことない」「半分だけ食べるって言ってたのに、ちょっとこれ、めっちゃ美味しくて、あと少しあと少しって言っているうちに完食してしまいました」などとすっかりハマる人が続出している様子。
どちらも期間限定販売中。

文/早見真実