80万人以上を動員した人気ねこクリエイターが集結する合同写真展&物販展『ねこ休み展 in 大阪』が、10月16日から商業施設「ルクア大阪」(大阪市北区)で開催される。

「見ているだけでほっこりする作品」をテーマに、大阪で1年ぶりとなる同展。新作ばかりの展示作品は300点以上、物販は2000点以上と過去最大規模で開催される。

参加クリエイター42組のトータルSNSフォロワー数は300万人超えの人気ぶりで、そんなスターねこたちの写真&ハンドメイドグッズがそろう、癒やしのねこまみれ空間になっている。

大阪初登場となる、ベビーシッターねことして話題の「白猫のブラン」(フォロワー数6万超え)や、無防備な寝姿が人気の「ぐでねこ ライくん」(フォロワー数14万超え)の作品も仲間入りし、特設スペース「にゃんこハロウィン」には、仮装したねこたちの作品&限定フォトスポットも登場。

SNSでは「可愛いねこちゃんたちに癒やされたい」「大阪! お待ちしてました〜」と歓喜したり、「神々しい」「新作グッズ欲しい」「すぐ完売しそう」など、早くも推しねこグッズをチェックする声も。

大阪会場限定や新作グッズも多数販売され、来場者には先着で同展5周年記念のオリジナルポストカードが配布される(なくなり次第終了)。料金は600円(3歳以下は無料)、期間は10月25日まで。

文/塩屋薫