回転すしチェーン「くら寿司」(本社:大阪府堺市)でハロウィン限定メニューが、10月29日より3日間限定で登場する。

同社でハロウィンメニューが発売されるのは、今回が4回目。ハロウィンには珍しい、練りきりを使った和菓子「日本版ハロウィン」と、かき氷の「ふわ雪ギョロっとモンスター」が販売される。

全6種類の「日本版ハロウィン」(各200円)は、今年6月から販売されている妖怪・アマビエの練りきりをアレンジしたものや、からかさおばけ、カッパ、三つ目小僧など愛らしい姿の妖怪たちのデザインに。こしあんといちごあんの2種類のフレーバーが展開される。

また、高級かき氷機を使用した「ふわ雪ギョロっとモンスター」(280円)は、果肉入りのいちごソースがたっぷりかかったふわふわなかき氷に「目玉大福」をトッピング。血走った目玉のような大福を割れば真っ赤ないちごソースがとろりとあふれ出るなど、ハロウィンにぴったりのホラーなメニューとなっている。

かき氷には「追い目玉」(4個・200円)も可能で、SNSでは「大阪万博のロゴを思い出した」「追加して『いのちの輝きくん』にしたい」と、今年8月に発表された『大阪・関西万博』の公式ロゴマークを連想する人も多く見られた。価格はいずれも税別。期間は10月31日まで。