英国ロンドンの中心部、トラファルガー広場に面して建つ美の殿堂「ロンドン・ナショナル・ギャラリー」。同館所蔵のルネサンスからポスト印象派までの名品61点からなる展覧会「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が、11月3日より「国立国際美術館」(大阪市北区)で開催される。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーは1824年に設立された。ヨーロッパの多くの美術館が王族のコレクションを母体にしているのに対して、同館は市民の手で市民のために設立された点に特徴がある。そのコレクションは13世紀後半から20世紀初頭までのヨーロッパ絵画の名品約2300点。年間入場者数は600万人を超え、世界の美術館・博物館のトップ10に入っている。

本展の出品作は、ゴッホの名作『ひまわり』やフェルメール最晩年の傑作『ヴァージナルの前に座る若い女性』をはじめ、モネ、ルノワール、レンブラント、ターナーなど西洋絵画を代表する傑作ばかり。しかも全作品が日本初公開というのだから、これはもう歴史的機会と言っても過言ではないだろう。

同館は作品の貸し出しに厳しく、英国外での大規模展は本展が初めて。これだけ価値のある展覧会は滅多になく、美術ファンなら何をおいても出かけるべきだ。なお本展は日時指定制をとっている。美術館ではチケットを販売しないため、いきなり行っても入場できない。事前に公式サイトでチケットを購入してからお出かけを。

文/小吹隆文(美術ライター)