京都を代表するフレンチスタイルのベーカリー「Le Petit Mec(ル・プチメック)」が、大阪に初出店。商業施設「心斎橋PARCO(パルコ)」内に、11月20日オープンする。

西山逸成シェフが、フランスの伝統的なパンを忠実に手掛けながらも、柚子と栗を組み合わせたパンなど独創的な組み合わせも魅力的な同ブランド。現在は京都市内に4店舗、東京に1店舗あるが、大阪に出店するにあたって、「食の街の皆さまに親しまれるよう、ビジュアルや食べ応え、満足感を意識しました」と担当者。

チーズがパン生地からあふれ出ている「リンゴとスモークチーズのセーグル」(378円)や、「鴨肉のローストエピス風味」(410円)といった満足感を追求したサンド5種を、心斎橋限定メニューとして準備したという。

看板商品のハード系を中心に、サンドイッチやクロワッサン、食パンなど約50種が並び、季節ごとに品揃えが変わる予定。オープン前・10時・12時・14時に焼きたてが市内の工房から届くので、そのタイミングも狙い目。イートインスペースもあり、営業は10〜21時(当面の間、入店するには「心斎橋パルコ」の公式サイトで予約が必要)。

取材・文・写真/中河桃子